• TOP
  • >愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会
印刷する

愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体(第72回国民体育大会)とは

えひめ国体は、昭和28年に四国4県で共同開催して以来、64年ぶり、初の単独開催となるものです。県民総参加のもと、地域をあげて選手や観客をおもてなしするなど、全国から訪れる人々との交流を通した地域の活性化を期待しています。

県民が昔から大切に受け継いできた、へんろ文化によって培われた「おせったい」の心で、来県される皆さまをおもてなしします。

開催時期平成29年9月30日(土)から10月10日(火)

愛顔(えがお)つなぐえひめ大会(第17回全国障害者スポーツ大会)とは

平成29年に17回目となる全国障害者スポーツ大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」が、国民体育大会終了後に開催されます。 全国障害者スポーツ大会とは、障害のある選手が、競技等を通じスポーツの楽しさを体験するとともに、人々の障害に対する理解を深め、障害者の社会参加を促進することを目的とする国内最大の障害者スポーツの祭典です。

開催時期平成29年10月28日(土)から10月30日(月)

大会愛称

笑顔つなぐえひめ国体笑顔つなぐえひめ大会

(趣旨)
前向きな気持ちと思いやりの心が結集した愛のある笑顔「愛顔(えがお)」でおもてなし。選手・役員や観客、運営を支えるスタッフなどみんなが愛顔でつながる国体・大会にします。

スローガン

君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え

(趣旨)
参加するすべての人々が、愛媛を駆け抜ける風のように舞い輝く大会となることをイメージし、愛媛らしく俳句仕立てにしています。

マスコット

えひめ国体・大会マスコットのみきゃんです。
何にでも前向きで、スポーツが大好きなみきゃんが、えひめ国体・大会を一緒に盛り上げます。

国体みきゃん
障スポみきゃん
ページの先頭へ